ピラティスもヨガのように種類があるのです。とはいえ、ヨガのようにたくさんの種類があるわけではなく、ピラティスの種類は大きく分けて二種類です。一つはピラティス専用の器具やマシーンを使って行う「イクイップメントピラティス」、別名「マシンピラティス」とも呼ばれているもの。もうひとつは、マットの上で行う「マットピラティス」です。イクイップメントピラティスは、ピラティス氏が開発したオリジナルの専門器具を用いて行います。代表的なものとして、「リフォーマー」「キャディラック」「バレル」「チェア」などがあります。これらの専用器具を使用することで、なんと約600種類ものエクササイズが可能になるというのですから驚きはずです。イクイップメントピラティス(ヨガをアクティブにしたようなエクササイズで、呼吸法やポーズなどにより体幹の深層筋を鍛えます)の特徴は、器具を使うことで体にかかる負担を自由に変更する事が出来るということ。体にかかる負担を軽くすれば、高齢者や体の不自由な人でも、安心してエクササイズ(始めからムリをしないで、毎日五分でもいいから続けると、いずれ結果が出せると思います)できます。もちろん、負担を重くして、若い人やスポーツ選手が行っても効果的なエクササイズができるでしょう。一方、マットピラティス(ヨガをアクティブにしたようなエクササイズで、呼吸法やポーズなどにより体幹の深層筋を鍛えます)は、その名前の通り、マットの上でエクササイズを行います。マット一枚あれば、どこでもできるのが手軽ですね。マットピラティスでは、体のコアを中心として、体中をくまなく鍛えることができます。マットのみでもできますが、バランスボールなどの器具を使用する事もあるかもしれませんね。器具を使うことで、運動が苦手な人や体力に自信がない人でも、体に余計な負担をかけることなくエクササイズできることもあります。いずれにせよ、ピラティス(タレントの渡辺満里奈さんが愛好していることでも有名なエクササイズです)は、どのような人でも行う事が出来るエクササイズといえますねー